11月の日記

3月1日
相談

(今日は会話風で行きます)
夢人くん「う〜ん、困ったな」


Mr.K「何かあるのかね?」

夢人くん「いやねえ、ちょっと決めかねていることがありまして」

Mr.K「一体なんだね、その悩みとは」

夢人くん「いやですねえ、Mr.Kにぴったりな声は江原正士、清川元夢、若本規夫、柴田秀勝、屋良有作の内誰がいいかな、と思いまして」

Mr.K「ふむ、どれも甲乙つけがたいベテランばかりであるからな」

夢人くん「Mr.Kは帽子が似合う背広姿の英国紳士、というイメージなので清川さんがいいかな、とおもうのですが、若本さんにしたらこれはこれでめちゃめちゃ面白いような気がするし・・」

Mr.K「ワシにベリーメロンとか言わ無くて済むような配役にしてくれ」

夢人くん「それじゃ若本さんが自動的に選考から外れてしまいますがな」

Mr.K「言わせる気だったのか?」

夢人くん「ええ、まあ・・あと、ハローエブリニャン、とか・・・」

Mr.K「却下」

夢人くん「うぐぅ、じゃ、江原さんはどうでしょうか」

Mr.K「〇眼のシャナOPの語りやらせないなら良いが」

夢人くん「ではだめか」

Mr.K「たのむからネタから離れてくれ」

夢人くん「善処します」

Mr.K「要するに、直す気はないということか」

夢人くん「そうとは言ってませんが」

Mr.K「そうであるともいえない、か」

夢人くん「日本語の曖昧さは逃げるときには最高ですね」

Mr.K「悪用するな」

夢人くん「はい。すいません。とりあえず、暫定的に青野武さんにしといておいおい考えることにする、でどうでしょうか?」

Mr.K「要するに、会話の前に名前と括弧つけるのが面倒になったわけだな」

夢人くん「そうともいいます・・・」



それでは。



3月20日
終着
 皆様お久しぶりです。
どうやら卒業できた夢人くんです。ある種奇跡です。
留年の危機に毎年のように遭遇してひいひい言っていただけに、実感がわきません。
とは言っても、色々な事情で内定していた石川県の工作機械会社への就職蹴ってしまったので今月18日から晴れて
就職浪人
になっているから、まったく喜べる状況ではないので、そんなことしみじみ思っている余裕は無いのですがね。

まあ、そんなネガティブなこと言っていても仕方がないので、今月の笑える事件と卒業式の内容でも何点かお伝えしようと思います。

その一
卒業研究の共同実験者K君が、先々週に留年確定していたことに気づきました。
え〜なんでも、卒業条件を勘違いしていたらしく、見事に一教科取り損ねていたそうです。




いやねぇ、普段から抜けているところがあるから、こいつ絶対何か重大な失敗するな、と確信していたのですが、まさかこんなに早く当たるとはなぁ・・・・。

その二
卒業式の時に気づいたのですが、うちの学長の声、声優の大木民夫さんにそっくりなんですよ、これが。
もうものすごく激渋!!
いや、途中ちょっと笑いそうになりました。
ああ、大木さんが大木さんが喋っている、と思ってしまうと。
あれは絶対に大河ドラマとかの語りやらせたら最高だと思います。
っていうかこれ、卒業式あまり関係ないですね・・・。

その三
卒業アルバムの客員教授の中に初代〇ンダムの監督「〇野由悠季」がいる事。
2年位前に未来創造学だとかいうので〇ンダムを題材にした講義を1年くらいやったので、その時に招いたからなんです。今思い出してもすごいことやったな、うちの大学。

もちろん〇ンダムは好きなので行きましたよ。
ちなみに、その第一回目の講義に出席した自分と友人カイル君は、ずっと帰らずに留まっていたら、監督がサイン貰おうとよって来た数人の学生の対応に激怒し、怒声を上げている現場を目撃しました。建物が揺るがんばかりの大声にびびった自分と友人は、なぜか大学職員と一緒に並んでお辞儀していました・・・。あの時の友人と自分のお辞儀の角度は、某T社の〇ークXのCM並にそうとう深かったです。その後自分は軽いトラウマが出来て、しばらく〇ンダムが見れなくなりました。

その四
急に両親が石川を来訪しました。で、用件は就職関連。そんなわけで緊急親子会談が開催。その晩は居酒屋で酒入りながら今後の対応を話しました。で、次の日には教授も交えた緊急三者、いや、四者面談が開かれ、今後の就職活動について話し合ってました。
おかげでだいぶ気が楽になりましたが、教授にますます頭が上がらなくなった・・・。

その五
卒業式後、研究室の打ち上げで近くの飲み屋に行ったのですが、飲み会でいつも暴走する、普段おとなしいK君(自分の相方)が、留年の惨劇のせいもあってか、いつも以上に暴走し大騒ぎしてました。
ああ、これはやばいな、と思いつつ自分はマイペースにビールをチビチビやってました。
また運が悪いことに、ショットガン、というメニューがあって、小さいグラスにリキュールか何かの炭酸割が入っていて、飲む前に店員が蓋をしてテーブルに叩きつけて泡が出た奴を一気飲みをする、ってのがあったんです。
みんなテンション高いものだから、ばかばか頼むものだから、つい乗せられて飲みまくることに。多分六杯くらいは飲んだかと。
それでいつも以上に派手に泥酔。
その後の研究室での担当教授へのプレゼント贈呈と記念写真撮影に参加することなく、トイレでダウンしてました。
隣の部屋にいるみんなにくそみそに言われている姿はあまりにも惨めでした・・・。
ちなみにK君はすでに3年の時に留年しています・・・・・。
惨め過ぎる・・・・。

ちなみに自分はそんなK君を放置し、後輩とマイペースに飲んでました。途中、ちょっと飲みすぎ+食いすぎで気持ち悪くなったのですが、早めに吐いてすっきりし、K君の暴走を冷ややかに見ながら、クリームソーダを悠然と飲んでました。すげぇ薄情ですね・・・。

こんなとこですかね、事件といったら。



3月23日
準備
 引越しの準備って結構時間かかりますね。どうも、引越し前夜です。明日の11時ごろに引越し屋が来るそうです。
さっき何とかほとんどの荷物の梱包が終了しました。こんな感じになりました。

右側

左側

使用した段ボール箱大小あわせ約20箱。
4畳半によくこんだけの荷物入っていたなぁ・・・・。

しかし、まだラジコン飛行機(練習機X1、グライダーX1、曲技機X1)とこたつ、冷蔵庫、ノートパソコン、外付けHDDX2、DVDドライブ、テレビ、本棚、小物の入ったダンボール(大)X2、服の入ったボックスX4、布団、食器CDラジカセが部屋の中にあります。

こんなんでよく生活していたな、と思います、はい。
あと、さっき笑ったときに気づいたのですが、なんか音の反響の仕方が荷造り前と後で明らかに変化しています。なんかこもった感じだったのが、反響しやすく、奥行きが出来たような感じになりました。荷物が相当音を吸収、反響する空間の縮小をさせていたようです。
こんだけ変化するとはちょっと驚きです。

つうか、少しは荷物を減らす努力をせねばならないなと、思ったしだいです。



3月29日
完了
 引越しと荷物の整理が一応完了しました。予定としてはさっさと就職決めたらすぐ移動するという、仮住まいでしかないので、必要ないものはほとんど押し入れに押し込んでいますが。まあ、実際90%以上が必要ないものですがね。

さて、せっかく久々に更新するので引越し当日の状況を写真入で解説してみます。



当日に引越し屋が積み上げた荷物などにより、最終的にはここまで荷物が増殖しました。
ほんと、よく四畳半にこんだけ詰め込んだな、と思ってしまいます。

だが、

まだこんだけ部屋の中にあったりするんだな〜これが・・・・。

ラジコンもまだ運び出してないし、それにこれを置いている金属製棚もはずさにゃならん。
はあ、しんどい。
だけど、


ここからの眺めも最後かと思うと、ちょっと寂しいものがありますね。



あれだけあった荷物もすっかり片付き、跡形も無くなってしまいました。狭くて辛かった日々も、いざ過ぎ去ろうとすると寂しいものですね。
なにかぐっと来るものがありました。
4年間ありがとう、さようなら。





しかし、このままで終われば綺麗だったものを、このあと眩暈がするような事体が発生、すぐにどうでも良くなる気分になろうとは・・・・。
バイクで引越しのトラックを先導して転居先のアパートに移動したものの、アパートの鍵が開いていませんでした。



OTL



凹みました。

仕方ないのでとりあえず部屋の前に荷物を積み上げることに。やはりきちんも連絡とっておかなきゃダメですね・・・。他人任せはいけない事を大いに反省することになりました。はぁ。

そんな中、「お、これHPのネタになるな」 とか前向きに考えていたりする自分がいたりしましたが。



手前の洗濯機はお隣さんのです。改めて荷物多すぎることを実感することに。
このあと2時間位してから大家さん登場、無事荷物の搬入と相成りました。
そのときに大家さんにも荷物すごいですね、とか言われた。
もういうのに慣れている大家さんから見ても多いということは相当なんだろうなぁ。

そのあと搬入して使うものを一部取り出すだけで日が暮れてしまい、結局その日は片付かず。
就職課行こうとしても起きれず、昼まで爆睡。
体力無くなった事実も突きつけられ、幸先の悪い新生活が開始されるのでありました。

そして29日現在、なんとか体制も整い、順調に新生活を歩んでいます。

就職浪人としてのな(笑)

これでも一応自分は幸せです。



追記

22日の9時35分ウェブ拍手
>ファイトだー
ありがとうございます。がんばります。

あと、カイルくん、拍手ありがとう!

これからは出来るだけ返信するようにしますので拍手よろしくお願いします。



3月30日
激怒
 引き続き就職活動中。
ただいま静岡方面への会社訪問に際し、安い移動方法がないか検討中なんですが、やはり石川から静岡までとなると結構かかりますね。新幹線と特急やらを乗り継いで目的地の東静岡まで行くとなると、乗車券で7140円、自由席4300円、合計11400円になります。うひゃ〜。
そんなわけですから、高速バスも視野に入れて検討中なのですが、その候補の一つに、バイクで高速使ってひとっ走りを検討したのですが、これが意外と高くてびっくりというか呆れました。

軽自動車と料金が同じなんですよね。あるルートだと石川から静岡までで6800円。
鉄道使うのと大して変わらないじゃん。これにガソリン代が加わると全く持ってメリットが無いです。
NSR250Rの今までの燃費データからするとせいぜいリッターあたり15〜20kmが限界です。
これで目的地までの道のりは400km強なんで20〜26.7リットル、ガソリンを消費するから、ガソリン価格1リットル123円で計算すると燃料費は2460〜3284.1円。
鉄道との差は差し引き1316〜2140円と大して変わらないです。駅弁2つ分くらいにしかならないじゃないか。
それに物凄い疲労がついてくるから全然割に合いません。

高速料金高すぎ。
バイクなんて大型に二人乗りしても重量が300kg台で収まるのだから、軽自動車の半分以下でないと割りに合わないと思う。
この国の上の連中はふざけているとしか言えない。
腹いせに今度のゴミの収集日には

「この国の政治家、役人」

と書いた紙を入れておこうと思います。

 



アクセス解析 SEO/SEO対策